CBDは鎮痛作用があるので「生理痛」にもいいって知ってる?

CBDは生理痛に高い効果を得られると知られ、ひどい生理痛で悩んでいる女性を中心に世界中で注目されるようになりました。

「そもそもCBDとは?」と疑問に思う人も多いでしょう。

アサ科の植物から作り出された化合物のことをCBDと呼びます。

CBDはカンナビジオールの略称で、植物性カンナビノイドを薬理効果が期待できるように作られた化合物です。

オイルやリキッドなどのサプリメントとして海外セレブを中心に、ストレス解消から病気予防まで様々な効能があるとされて注目を集めてきました。

CBDの鎮痛作用が「生理痛」にもいいって話

効能の一つに生理痛の緩和があるとされており、体内に取り入れても副作用や中毒性がないため、薬物より安全に使えると考える人もいます。

医学的にも世界中の研究者によってその効果を研究されるようになりました。

なお、生理痛だけではなく、月経前症候群の症状を緩和させると実感する人も多く、生理前、生理中に利用する人が多くなっています。

効果が期待できるのはわかったけれど、いつ使用したらいいのでしょうか。

一般的には生理痛や月経前症候群の症状が出てから使うと効果を実感しやすいです。

また、就寝前に取り入れてから眠りにつくと、翌日の朝すっきり目覚められ、身体的な不調を感じにくいと考える人が多くいました。

取り入れた種類によって即効性があるかどうかは異なりますが、早い人の場合は摂取して5分くらいで何らかの影響を感じ取っていました。

平均的には摂取して2時間前後で効果を実感しています。そのため、症状が出たらすぐ取り入れて、2時間前後体を休められるようにしておくといいでしょう。

ただし、摂取する種類によっては効果が表れる時間と効果時間は異なるため、注意が必要です。

最も効果が早く表れるのは電子タバコで、5分以内に効果を感じ、平均的に数時間持続します。オイルの場合は1時間から2時間で、6時間前後は有効です。

サプリメントの場合は2時間から3時間前後で効果を発揮し、半日前後、長ければ1日効果を実感する人が少なくありません。

そのため、仕事に行くときにはサプリメント、休日はオイルや電子タバコなどを使い、身体のバランスをとるといいでしょう。

なお、CBDにはクリームと呼ばれる塗るタイプも存在しています。

味が苦手な人はクリームを塗ることで経口摂取せずに取り入れることができるでしょう。なお、クリームは塗ってから30分から1時間ほどで効果を実感し、オイルと同程度の持続時間があったと考える人が多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です