CBDオイルは空腹の方が良いというのは誤解!

CBDオイルは緊張をほぐしたりする精神安定化や、免疫系の疾患を抱えている人の免疫バランスを整えるなどの効果があり、健康食品や医療への応用ができると期待されています。

摂取するタイミングとしては、とくに規定などはありません。しかし食後に摂取をすると、他の食べ物が胃にたくさんある状況では吸収率が悪くなります。

このオイルは胃に負担を掛けるものではないので、食前の空腹状態で摂取する人もいますが、「食事とともに」の方がより胃が活発に働いた状態の中で摂取できるので効率が良いです。

CBDオイルは空腹の方が良いのはなぜ?吸収率がアップする

胃で分解されたものは吸収され門脈を経て、肝臓に送られると全身に運ばれます。

この時に他の食べ物が一緒だと、よりCBDオイルの吸収率を高めるのです。

なので一番効果的な摂取方法の、「食事とともに」飲むことが正解であり、おすすめをします。

摂取の注意事項としては、タイミングや場合によっては眠気が出るときもあるので、日中の摂取量は1度に大量に摂取するのではなく、少しずつ摂取していきましょう。

もしも、日中に眠気を感じる場合は朝の摂取量を調節し、夜に摂取する量を増やすなどの対策も可能です。

摂取方法は、ご自身の舌の裏側にCBDオイルを垂らすことで、口腔内に垂らすよりも毛細血管に効果的に浸透していきます。

また舌の裏側に60~90秒程度留めることで、摂取効率を高めることができます。

直接舌の裏側に垂らすのが難しい人は、スプーンを活用すると良いでしょう。

一度に摂取する分をあらかじめスプーンに入れておくとスムーズにできます。

CBDオイルは青汁のような苦味を感じる人もいることから、苦手だと思い込んでいるいる人も中にはいます。

そんな方は、他の食事と一緒に口に含んでみてはいかがでしょうか。

例えば、オリーブオイルなどと一緒に摂取すると苦味を抑えることもできます。

それでも苦手な人は錠剤タイプも選択するという方法もあります。

錠剤は水と一緒に飲むので、苦味の心配もありません。

サプリメント感覚で摂取ができます。

錠剤タイプから始める人も多く、飲みやすく抵抗もないので、気になっている方はこちらを摂取してみても良いでしょう。

CBDオイルはとくに規定はありませんが、「食事とともに」摂取すると効果的です。

用法用量を守り、自分に合った使用方法をしましょう。

またオイルにも飲み方があり、正しく飲むことで効率的に効果を発揮します。

味が苦手な方は錠剤タイプもあるので試しやすいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です